ブログトップ

DOYLE LAND

doyleland.exblog.jp

どいるのくに

3月23日

だいぶ空いてしまいました。ごめんなさい・・・

最近ついにバイクを購入しました。

vespa、35年前の、イタリアの、その昔から構造が変わってない、バイク。

なんでこれを買ったのかは分かりません。

でも満足してます。

50ccをボアアップして102ccになっていて、その他諸々カスタムしてあります。

そこそこ速いですが、そこそこです。

信号の少ない幹線道路なんかを走ると、クルマの流れに乗るのが精一杯です。夜の幹線道路だとヤバイですね。

そしてブレーキも大して効きません。タイヤも小さいし、フロントフォークも片持ちなので高速安定性なんてあんまりありません。

なにより古いのでいつ止まるかわかりません。乗るときは常に必要な工具を持って乗ります。

気付いたことがあります。

みんな最近のクルマなんか60キロ、70キロなんて普通に出すし、危険も感じないでしょう。

でも私のvespaでは死を感じるんです。

幹線道路を走るだけでスリルです。

こんなに身近に死の恐怖があるんです。

でも最近のクルマもバイクも60~70キロなんて快適に走れちゃうでしょ。

同じスピードなのに。

乗り物が変わるだけで生きることを感じさせられる。

当たり前にやってることも実は大変なことをやっているわけです。

歩くことも傷害がある人は必死なように。

価値観をぶち壊し、日常を冒険に変えてしまうそんな乗り物だったんです。

いろんな冒険ができそうです。

でも必ず毎回生きて帰ってきます!
d0105979_23161310.jpg

[PR]
by smzdyl | 2014-03-23 23:17