ブログトップ

DOYLE LAND

doyleland.exblog.jp

どいるのくに

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いいことを聞いたので。



先日車の中でラジオをきいていたら、

「謝」という漢字は、感謝でも使うし、謝罪でも使う。反対の意味なのになんで同じ漢字を使うのだろう・・・

ということに答えていました。

謝は 言(ごんべん)に、射る、つまり言葉を弓矢のように放つという意味がある。

弓は放つ前にピンと張って力を溜めて、スッとそれを解き放つ。

感謝も謝罪もその言葉を口にする前には、気持ちの緊張が張り詰めて、言葉を放てばスッと緊張はとれる。

そして張り詰めた気持ちは言葉という矢になっては相手へと届く。



言葉には強い力があるんだとしみじみ感じさせられます。



ヨガにも「弓を引くポーズ」というのがあります。

きっと身体にパワーを溜め、一点に集中させることができるんじゃないかと、勝手に想像しました。

身体的には、伸ばすところと、曲げるところ、そしてバランス、そして一点に集中する、そんなポーズに感じます。

弓を引く動作は、DNAに刻まれているのか、なんだか集中力が沸きます。試しにやってみて下さい。



d0105979_1472326.jpg

[PR]
by smzdyl | 2014-03-25 01:50
だいぶ空いてしまいました。ごめんなさい・・・

最近ついにバイクを購入しました。

vespa、35年前の、イタリアの、その昔から構造が変わってない、バイク。

なんでこれを買ったのかは分かりません。

でも満足してます。

50ccをボアアップして102ccになっていて、その他諸々カスタムしてあります。

そこそこ速いですが、そこそこです。

信号の少ない幹線道路なんかを走ると、クルマの流れに乗るのが精一杯です。夜の幹線道路だとヤバイですね。

そしてブレーキも大して効きません。タイヤも小さいし、フロントフォークも片持ちなので高速安定性なんてあんまりありません。

なにより古いのでいつ止まるかわかりません。乗るときは常に必要な工具を持って乗ります。

気付いたことがあります。

みんな最近のクルマなんか60キロ、70キロなんて普通に出すし、危険も感じないでしょう。

でも私のvespaでは死を感じるんです。

幹線道路を走るだけでスリルです。

こんなに身近に死の恐怖があるんです。

でも最近のクルマもバイクも60~70キロなんて快適に走れちゃうでしょ。

同じスピードなのに。

乗り物が変わるだけで生きることを感じさせられる。

当たり前にやってることも実は大変なことをやっているわけです。

歩くことも傷害がある人は必死なように。

価値観をぶち壊し、日常を冒険に変えてしまうそんな乗り物だったんです。

いろんな冒険ができそうです。

でも必ず毎回生きて帰ってきます!
d0105979_23161310.jpg

[PR]
by smzdyl | 2014-03-23 23:17