人気ブログランキング |
ブログトップ

DOYLE LAND

doyleland.exblog.jp

どいるのくに

宇宙

今日は関係ない話を書くわけ。

と、その前に業務連絡。
「ホーランド祭り」は今週末、3月18日の開催にほぼ決定となりました。
(あとは天候次第か!?)
17日には土方&ストリートなんかしたらいいんじゃないかと。
これを読んでいる奇特な方は是非参加するじゃん。
みんな誘ってダートで遊ぼうぜ!


という訳で、おれは宇宙が好き。人間の知らないことだらけだからさー。
そして超科学的な考えが好き。
科学こそが「神」だと思うんだ。だって全ての科学的な理論でこうして生きているから、じゃん?

そこで昨日Yahooのニュースで
「土星の衛星・エンセラダスに生命存在か…NASA」
というトピックを見つけた。

こんなの大好き。

読んでみると、何やら木星の衛星に液体の水が存在するらしい。そんで水があるってことは有機物が存在する可能性があるとのこと。有機物って大きく言えば「生命体」じゃん!

常々おれは「宇宙人はいる」って公言しております。こんな途方も無く広い宇宙に、太陽系の地球って星にだけ人がいるってのはあんまり合理的な考えではないじゃん。地球の一番最初の有機体はどこから来たかってこともあるし。

だけど宇宙の環境は千差万別だから、地球の何十倍の重力の星もあれば、ガスでできてる星もあったり、温度計では計れない程暑かったり、寒かったり。もしそこに有機体がいればその環境にあった進化をしていきそうな感じしない?

地球に適した進化をしたのが地球上に住む全ての生命。

ここからいよいよ飛躍していくわけですが、僕らは環境に合わせ生きるためにいくつかのセンサーを持っている。つまり五感ね。その中でおれは「目」の果たす役割は大きいと思う。
物質が存在しているから「見える」わけじゃん。そうやって宇宙も「目」でみて、研究してるし。

でも他の環境の星の生命体が「目」を持っていなかったらどうなんだろう?

「目」で見ることより重要な要素で生きていたら?
もしその要素が地球上にも存在していて、ぼくらが気付かないだけだったら?
「目」で見て、「肌」で感じて、「耳」で聞いて、「鼻」で匂って、「舌」で味わう、それだけじゃ足りない別の要素があるとしたら?

今この時にも、ぼくらが感じられない別の要素が同時に存在していて、僕らに影響を与えているのかもしれない。

そう思うと人間なんてちっちゃいね。
だってわかんないんだもん。

こんな科学を超えた「超科学主義」者です。

どいる
by smzdyl | 2007-03-15 02:03