人気ブログランキング |
ブログトップ

DOYLE LAND

doyleland.exblog.jp

どいるのくに

3月10日

自転車日記

今日もいつものようにバイト。
バイトの休憩時間は学校のテストも終わったので最近は専ら辞書片手にDIGを読む。
前にもチラッと紹介したように、最新号のDIGはトレイル特集でおもしろい。
アメリカとイギリスを中心に色んなトレイルへのインタビューがされている。
その質問事項がまたすごい。
例えばこんな

・ローカルの間でなにかトラブルはありますか?
・土質は具体的にどんなですか?
・水はけはどうですか?
・動かせないものとか、急斜面とか作るときに妥協することはありますか?
・専らいつ土方しますか?
・冬の間はどうやってトレイルを保護してますか?
・土方手伝わない人を追い出したりしますか?
・年間どのくらいトレイルで過ごすのですか?
・あなたのトレイルはどういう所から影響を受けてますか?
・冬の間どうやってモチベーションを維持してるのですか?
・あなたのトレイルがなくなったらどう思いますか?
・他のトレイルに乗りに行ったりしますか?
・トレイルシーンでは何処も排他的な雰囲気があるように思われますが、あなたのところはどうですか?
・どんなトレイルライダーから影響を受けましたか?
・最近起こった何か面白い話はありますか?
・このトレイルの将来像は?

マニアック。

他にもたくさん。質問者も色々で質問も色々。
すごいところを突いてくるなと感心。
質問者は間違いなくトレイルライダーで(実際ほとんど有名なトレイルライダー)、これをじっくり読むのはトレイルライダーだけだと。
外国のトレイル事情に精通もしていないけど、あんなバカデカイジャンプをぴょんぴょん飛ぶ外人でも、やっぱりトレイルライダーはみんな同じようなもんなのね、と安心する。
そしてDIGに載ってるようなすごいトレイルでも、必ずしも恵まれた環境の賜物ではなく、努力の証で成り立ってることを知った。

運は力ずくで自分のほうへ向かせるものだそうだ。

若干の残業をして9:00に仕事終了。
天気はすごくいいが、恐ろしいくらいの風が吹いてるのでパチ屋の駐車場での基礎練は断念。
今日も1時間だけ土方して帰ろうと思いダートへ。

掘り始めて暫くしたら、なんと河川事務所のパトロールカーが来てしまった。
愛想良くしてやり過ごそうと、こちらから歩み寄る。
パトカーからじいちゃんが出てくる。
ほんとちょっと会話して、お互い分かってるだろって感じで
「じゃあ、今(耕作を)やめたってことでいいね?」
「・・・はい」

寒いから早く車に戻りたかったんだろうな。
パトカーが見えなくなったら土方再開・・・と思ったら、
「放流します。非難してください」ってスピーカーから流れてくる。
そう、あそこの堰が開くらしい。
別に・・・と無視してネコ1杯盛ってたけど、アナウンス止まないし、監視カメラも付いてることだしってことで今日は帰宅することに。

堰のところでちょっと様子見てると、水が流れ出した。
10:10
アナウンスが入ったのがおそらく10:00
多分パトカーは放流する前の安全確認で来たのではないかな。
そうに違いない。
そして水曜日の10:00に放流する。水曜以外もあるのかもしれない。
これからは確認しないとな。

どいる
by smzdyl | 2009-03-11 16:58